株式会社片桐鉄工所

企業情報

社長ご挨拶

当社は、お客様の問題を解決する専用機メーカーです。

1964年に高圧セメント瓦型の製造にて創業を開始しました。旧・新潟鉄工所から高い技術力を評価され、工作機械部品・船舶部品の納入やその他の加工組み立てを受注生産するようになり、1974年に現在地に移転後は、自社ブランドの鍛圧機械(油圧プレスブレーキ・油圧シャーリング)の開発・販売を手掛けるようになりました。
自社ブランドを獲得したことが当社の大きな財産・自信となり、小型真空装置部品・大型真空装置・粉体バルブ・半導体引上げ機など、各時代・各企業のニーズに応えることのできる専用機メーカーとして、現在に至っています。
現在は、ロータリーバルブをはじめとする粉粒体機器を軸に、その他お客様のご依頼に応じた専用機を設計から製作まで全て自社にて行なっています。

この片桐の歴史を支えているのは、経験豊かな職人たちです。昨今は過剰な合理化により、失敗から学ぶ機会がどんどん奪われていますが、当社は昔から変わらず、肌で学ぶ「創意工夫」を理念として掲げています。
自ら考えて挑戦し、失敗しながら工夫を重ねていく経験によって、ロボットでは代替のきかない、お客様の問題を解決できる職人となっていくのです。

「どのような機械が必要ですか?」
「どのようなことでお困りですか?」

私たちにお任せください。

株式会社 片桐鉄工所
代表取締役社長 片桐 敏郎

会社概要

会社名 株式会社 片桐鉄工所
創業 昭和39年3月
設立 昭和45年4月
代表者 代表取締役社長 片桐 敏郎
所在地 新潟県新潟市江南区曙町3-11-35
TEL :025-382-3120
FAX :025-382-3990
地図を見る
資本金 1,000万円
従業員数 18名
事業内容 専用機、粉粒体機器の製造・販売
取引銀行 第四銀行亀田支店 新栄信用組合本店
主要取引先 株式会社IHI機械システム
宇部興産株式会社
エスビーガーリック食品株式会社
エムジーシー・エンジニアリング 株式会社
遠藤鋼機株式会社
岡野商事株式会社
株式会社三陽製作所
集塵装置株式会社
株式会社新日南
新洋技研工業株式会社
太平電業株式会社
デンカ株式会社
新潟原動機株式会社
日本重化学工業株式会社
ホソカワミクロン株式会社
株式会社守谷商會
森永乳業株式会社
(五十音順、敬称略)

会社沿革

昭和39年3月 創業
昭和45年4月 設立
昭和49年3月 現在地に移転
昭和60年3月 製缶工場新築
平成1年2月 機械工場増築
平成1年3月 プレーナ形横中ぐりフライス盤設置
平成10年5月 国内IGCC1号機 福岡・若松に納入
平成16年3月 仕上工場内にピット設置
平成17年5月 国内IGCC2号機 福島・勿来に納入
平成19年12月 事務所新築
平成22年~24年 国際工業博覧会(上海)に出展
平成24年1月 軸封装置により特許取得
平成26年10月 国内IGCC3号機 広島・大崎に納入

アクセス

新潟県新潟市江南区曙町3-11-35
TEL:025-382-3120